LINK

破産宣告をする人で自分の返済義務にあたって保証人を立てているときには事前にきちんと連絡しておいたほうがいいでしょう。くるぶしやひざのお手入れ

改めてお勧めしますが、借金に保証人が付いているときは破産以前にちゃんと考えなければいけません。ライザップ川崎の料金

なぜならばあなた自身が自己破産をして免除がおりると保証人がその借り入れをみんな背負う必要があるからです。太もも セルライト

だから、自己破産の前に保証人に、そのおかれた現状を説明しつつ、お詫びをしなくてはならないでしょう。クレジットカード 支払い 滞納

それは保証人になるひとの立場で考えると当たり前です。ブライダルエステ 浜松 ランキング

あなたが破産の申告をすることから自動的に大きな債務が回ってくることになるのですから。

そして、それ以降の保証人となる人の考慮する選択ルート4つになります。

まず保証人である人が「みな返済する」ことです。

保証人自身がそれら数百万円の債務をいとも簡単に支払うことができるぐらいのキャッシュをたくわえていればそれができるでしょう。

でもむしろあなたは自己破産せず保証人である人に立て替えてもらい保証人に毎月返すという形も取れるのではないでしょうか。

もし保証人が借金をした人と信頼関係にあるのであれば少し完済期間を長くしてもらうこともできるかもしれません。

それに一括で返金ができなくとも金融業者も話し合えば分割での返金に応じることもあります。

保証人にも自己破産を行われるとお金がなにも戻らないことになりかねないからです。

その保証人がその返済額を代わりに払う財産がない場合は、借金しているあなたと同じようにある中から債務整理をすることを選択しなけばなりません。

続いてが「任意整理」による処理です。

これは貸金業者と相談する方法によって、5年ほどの期間で弁済していく感じになります。

この問題で弁護士にお願いする際の経費の相場は債権1件につき4万。

もし7社から債務があった場合約28万円かかります。

また貸した側との交渉は自分でしてしまうことも不可能ではないかもしれませんが、経験も知識もない人だと向こう側が確実に有利な和解案を勧めてくるので気を付けた方がいいでしょう。

任意整理を行うということはお金を払ってもらうわけなので、ちょっとずつでも保証人に返していくべきです。

3つめですが保証人も債権者とともに「破産申告する」という方法です。

債権者と同様に破産申告すれば保証人となる人の借金も返さなくて良いことになります。

ただし、保証人がもしマンション等を持っているならば個人資産を没収されてしまいますし税理士等の業界にいる場合などは影響があります。

そういった場合は、個人再生制度を検討することができます。

最後の4つめの選択肢は「個人再生制度を使う」ことです。

不動産を手元に残したまま負債整理を行う場合や破産申告では資格制限にかかる仕事にたずさわっている場合に検討していただきたいのが個人再生制度による整理です。

個人再生なら、住居する不動産は処分しなくてもよいですし破産手続きの場合のような、資格制限等は何もかかりません。