LINK
自動車に乗っているあなたは承知していると思いますが、自動車税なるものの納税義務があります。そしてこれは手放す中古車の買取時に一般的に還付されるお金なのです。このような事は実際自分でやるとすぐ分かりますがでは一から順番に詳細に案内しましょう。ちなみに補足すれば日本で生産されている自動車に限らずアメ車などでも自動車税が還ってくる対象になってきます。もちろんクルマもそうですね。自動車税というのはクルマのオーナーが払わなければいけないものですが、車の排気量の大きさで定められています。1リッターより低いなら29500円1リッターから1.5リッター以下の場合34500円。これ以上は500cc刻みで5000円ずつ増えます。そしてこの金額は4月1日現在のの保有者が年度内の税額を支払うことになります。先払いになるということですので勿論自動車を手放して所有権がなくなったケースには先に払った分の税は返還される事を意味します。税の場合は事前納付でその年度の自動車税を納めるので、その年度内に自動車を引き取ってもらった場合は、買い取ったオーナーが自動車税を支払わなければいけないということになります。売却相手が買取専門業者であれば売却した際に支払いすぎた税額を返してくれます。まとめると、所有権が移転された際以後の税額は入れ替わった所有権を持った人が払わなければなりません。もしも10月中に自動車を売却した際は11月から来年3月いっぱいまでの税金は返金されます。それは前も述べた通り自動車税の場合は一年分を先払いしているということによるものです。まとめると、あなたは売却先に税を返金してもらうということです。業者を介さずに自動車を買い取ってもらう際に結構このような大事な事実に気づかない人がいますので、確認をとるようにすることです。自動車税が車の売却で返金されることを意外に知っている人がいない事をいいことにそのことを隠す悪徳業者もあるのです。こちら側から自動車税の返金について言わなければ返金のことに関して言わないというケースも聞きます。そのため車の買取をする時には払いすぎた税金が戻ってくるのかどうかをチェックすることを忘れないようにしてください。